住宅ローンの手数料を安くしたい

住宅ローンを組む際はまず、どこの金融機関に申し込みをするか決めないといけません。
銀行でも良いですし、労金・ネットバンクなど多くの金融機関で住宅ローンを組めます。
借入する所によって住宅ローンの審査の違いは大きな違いは特にありませんが、ネットバンクは実店舗がないので、すべての取引をネット上で行う事になります。
店舗にいく手間がないので非常に人気です。
人件費や店舗運営費が削減できるのでその分金利が低く設定できるのが特徴です。
ネットバンクは月の支払いを少しでも少なくしたい方や忙しい人達にとても人気がある住宅ローンです。
住宅ローンを申し込む際、必ず加入する保険があります。
それは団体信用生命保険という名前の保険です。
団体信用生命保険という物は、ローンを組んでいる人にもしもの事があった場合、残りのローンが無くなる。
という内容の保険です。
これは残された家族にローンの負担がかからない様にする特別処置です。
保証会社はその銀行によって違いますが保証料は銀行負担という所ケースがほとんどです。
保証料は自己負担ではないので、安心して住宅を選ぶ事が出来ます。
フラット35というローンは、今とても注目を集めている住宅ローンです。
フラット35とは、民間の金融機関と住宅金融支援機構によって提供されるローンの事です。
世の経済状況に左右されることなく、一定の額の支払いで良い。
という点は住宅ローンを組む上でとてもメリットが大きいですよね。
審査が少し変わっています。
一般的な住宅ローン審査と同様、年収や勤続年数などが重視される審査になります。
一般的なローン同様、重要視されます。
それに加え、住宅の価値を審査される。
という点が加わります。
貸付する住宅が、将来価値が上がるか、下がるか。
これにより、一般的なローンは落ちてしまったが、フラット35なら審査が通った。
という方も多いです。
住宅ローンを組む時に一番気になるのは金利だと思います。
住宅ローンの金利をわけると変動金利と固定金利という物があります。
どちらが良いかはその人が選ぶ事で、銀行の方に、おすすめですよ。
などと言われる事はありません。
多くの場合、固定金利の方が金利が高く設定され、変動金利の方が金利が低く設定されています。
また、どちらの金利を選んでも審査が変わってくる。
といった事はなく、公平な審査が行われます。
どちらの金利にしたら良いかわからない時は、金利の推移が見れますので、それを参考にすると良いです。

住宅ローンの手数料と諸費用で損しない方法は? 【負担を減らすコツ】