住宅ローン消費税増税で確定申告が必要に?

消費税が5%から8%に増税され、今後も10%までの増税が予定されています。

消費税増税の影響を最大に受けるのはマイホーム購入を考えている人たちではないでしょうか。

3,000万円の住宅を購入するのに消費税が5%から8%に上がってしまっただけで90万円も高い買い物になってしまうのです。

更に今後、消費税が10%まで上がったら150万円もの差額になってしまいます。

政府は、そんな住宅購入者の負担を軽減するために住宅ローン減税などの政策を打ち出しています。

住宅ローン減税とは、年末の住宅ローン残高の1%を控除するという制度で10年間に渡って適用されます。

その際に必要な作業が還付申告です。

住宅ローン減税を申請する最初の1年だけは個人で申告手続きをしなければなりませんが、2年目以降は年末調整で行えます。

参考:住宅価格は消費税増税で上がる?住宅ローンと消費税!【建物価格!】

住宅ローンを申し込もうと思ったらまず、どこの金融機関にローン申し込みをするか決めます。

ネットバンク・労金・銀行など住宅ローンを組める金融機関は数多くあります。

申し込みをする所による住宅ローンの審査の違いは特別違った点はありませんが、ネットバンクは店舗がない為、取引はすべてネットを介してになります。

わざわざ店舗に行かなくて良いのでとても人気があります。

人件費や店舗運営費が削減できるのでその分金利が低く設定できるのが特徴です。

ネットバンクは月の支払いを少なくしたい方や忙しい方に人気の住宅ローンです。

マイホームの為に思い切って住宅ローンを申込みしたけど、審査に落ちた...なんて方は意外と少なくないのです。

どうしても理由が分らないという方は確認しましょう。

もしも年収200~300万円の方は難しいかもしれません。

それから勤続年数が3年以上であるか、健康状態もみられます。

過去に一回でも支払いが出来なかった方は、仮審査に通っても本審査は難しい場合が多いです。

全て確認して条件を満たしているという方は、今一度今までのデータを全て確認してみると良いでしょう。

融資を受けるためにはこうした下準備が不可欠です。

ゆくゆくは自分の家が欲しい方、住宅ローンを考えている方は以下の点に注意して選んでみると良いでしょう。

生涯の中で一番大きな買い物とも言えるかもしれません。

従って、低金利という理由だけで決めるのは間違いです。

総合でいくら返済すべきかこれを確認する事をおすすめします。

低金利といっても、他に必要な事務手数料などがかかってしまうと結果的に損してしまった...なんて方も少なくありません。

それから変動金利や固定金利のそれぞれの特徴も合わせて、将来の負担を抑えながら総合的に判断する事をお勧め致します。

迷ったら利用者の口コミなども参考にしてみると良いですね。

新築を購入したばかりで住宅ローンもあるのに離婚される方は、返済できていない分の支払いは誰がするのでしょうか。

とりわけ未成年の子供がいる家庭はローン以外にも、別れた後でも養育費を払う責任があります。

最初に名義人は誰なのかと細かな契約内容を把握して、夫婦で話し合って納得のいく取り決めをしなければなりません。

多少なりともお金に換えるために家を売り渡す場合には、売る価格よりもローンの方が上回ってしまうと、残りの金額を全て負担しなければなりません。

こうした場合も考慮して検討してみてはいかがでしょうか。

これから住宅ローンを組む予定のある方に、しっかり下調べをしてからボーナス払いを利用しましょう。

高額なお金が手に入った時にまとめて返せれば、月ごとの返済金額が少なくなるという利点もあります。

但し最近の会社は確実に賞与が与えられるという保証もなく、場合によっては多かったり少ない時も考えられます。

実はそのような理由の為にボーナスの返済を利用している人は、予想外に全体の40%程度しかいないのです。

色々なケースを考えてまとめて返済する事も可能にしたい方は、便利な繰上げ返済を利用してみると良いですね。

自分の家を購入するとき資金繰りとして利用するのが住宅ローンです。

希望される場合は、お近くの銀行・信用金庫あるいはネットバンクでも受付可能です。

ですが、どこでも融資可能かどうかの審査があります。

大事な事は職業・勤続年数・年収などが主になります。

かつ、過去にお金に関するトラブルがあったかどうかも判断材料になりますから仮に思い当たることがあるのならきちんと綺麗に片づけた上で申し込みをされると良いでしょう。

マイホームの夢を実現させたい!と願ったとき銀行系、ネットバンク系ならどこでも申請可能なマイホーム購入時の融資が頼りになります。

とはいえ、金融機関はたくさんあるのでどこの商品がよいのかとても迷ってしまう。

という話もよく聞きます。

選び方としては、自宅や職場の近くのものを選んだり不動産屋を通しても良いですし、ネットバンクなども受け付けることができます。

ですが、どの場合でも審査が必ずあり申し込みさえすれば通るだろう。

という甘いものではありません。

フラット35という名前の住宅ローンフラット35とは、民間の金融機関と住宅金融支援機構によって提供されるローンの事で、世の経済状況に左右されることなく、一定の額の支払いで良い。

という点は35年という長い間、世の景気に左右されることなく、厳しい審査が待っています。

一般的な住宅ローン審査と同様、年収や勤続年数などが重視される審査になります。

また、それに加えフラット35の審査特徴として一般的な住宅ローンと一緒です。

これは、価値がある住宅ですと審査が通りやすく、これにより、一般的なローンは落ちてしまったが、フラット35なら審査が通った。

という方も多いです。

近い将来、住宅ローンを組んで家を購入される方はローンだけでなく仲介料などいくら必要か試算しておきましょう。

データでは、ローンの10分の1程度が手数料としてかかります。

口コミなどで評判の利率の良い銀行で選んでみたけれど、全てを合わせたら予想していた金額よりも上回ってしまい、そんなに安くはならなかったという方も少なくありません。

ですので、予想外に必要になる経費も合わせていくらになるか合わせていくらになるか総返済額を調べることから始めましょう。

分りやすく言うと、金利の安い銀行や手数料が無料のところでは意外なところで費用がかかる場合もあります。

今から、借入れをしながらでも新しい家を購入したい方は融資を受けたお金をどれ位の期間で完済するのか相談しましょう。

大抵の場合、ある一定期間で申込みをするのが普通ですが現実のところ、期間いっぱいかかる方は少数のようです。

大体借入れをしてから10年以内を目標としている方が多いです。

まとまったお金が手に入った時にそれらも返済に充てたい時は、まとめて返済できるプランを選ぶと良いですね。

月収やお互いの状況もしっかり確認しながら、月々の支払いが滞ることの無いようにする事が大切です。

実際に利用している方の声も参考になるので、見てみましょう。