フィットちゃんと天使の羽根を比較!使いやすいのはどっち?

小学生の時しか持てないものと聞くとランドセルを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

少し前だと男の子は黒、女の子は赤とほぼ選ぶ余地がなかったですが最近では色々な色や種類が登場しています。

では、もう黒と赤は人気ないの?と思う方もいると思いますが未だに人気は安定しています。

確かにここ数年、緑系とピンク系が1番人気でしたが赤系は19%と5人に1人の割合で選んでいます。

また、赤系の中でもピンク寄りなど色のトーンが変われば印象も変わります。

なので、選ぶのに困ったら定番色の赤という選択肢も全然アリですよ。

夏休みも近くなり、ラン活が本格化する時期になりました。

実際のところラン活のピークは7月~10月と言われています。

人気ランキング上位に出ている工房系などは夏休み前に完売していることもあります。

なので工房系などのブランドランドセルを考えている場合は早めに動かなければいけないということからこの話が出ているようです。

ただ、早く決めすぎた場合、子供の心変わりが起きると困ります。

例えば、仲の良いお友達が何色だったとかで別の色が欲しいなんてこともあります。

個人的に決めるのにオススメなのは年末年始のタイミングです。

年末の決算や初売りで安くなっていたり、入学3ヶ月前なら今年の人気カラーランキングや販売員側で売れ筋がわかることもあります。

一時期、タイガーマスク運動と呼ばれるランドセルを孤児院などの施設に寄付する運動がありましたね。

寄付する気持ち自体はもちろん素晴らしいものですがその後、プレゼントが届いた施設職員から「ランドセルくらいは本人希望のものを選ばせたい」という話もあるように贈る側と受け取る側の希望がマッチしないこともあります。

この現象の発端となった人も実際、少し時間が経ってから「ランドセルの寄付は意味がない」と述べており子供達の支援が広がるきっかけになればというところ実際のところだったようです。

皆さんもプレゼントを贈る際は贈る対象が本当に。

本当に必要なものかを考えて贈りたいですね。

最近はリビングで宿題などの勉強をする子供が増えているそうです。

リビング学習では家族が近くにいる安心感から集中できて、親にわからないところを質問しながら勉強できるのでいいと言われています。

そのため、あえて勉強机を買わない家庭もあるようです。

そうすると困るのがランドセルの置き場所です。

ただリビングに置くとインテリアと合うか不安ですよね。

オシャレなランドセルラックを使って解決してはいかがでしょうか。

他には、収納扉にスペースを作ってみたり、現在使っているラックの一段をランドセル用に使う、ランドセル自体がそれなりに重さがあるのでフックの強度に気をつけてください。

ラン活をするにあたってデパートの売り場などに出かけると思います。

その際に確認しておきたい内容がいくつかあるので売り場へ行く際はメモしておいてください。

例えば、入学予定の小学校は色やデザインの指定の有無やA4クリアファイルが入るサイズで良いのかもっと大きいA4フラットファイル対応サイズが必要なのかです。

サイズの指定はあるのかどうかということです。

ここでいう軽さはランドセル本体の重量という意味ではなく背負った時に軽いと感じるかを指します。

他にも万が一壊れてしまったときのために直してくれるかどうかという6年間の修理保証がついていると安心できますね。

ここまで色々言いましたが最終的には本人の納得するデザインが一番です。

ここ数年、夏休みの時期になると百貨店などではランドセルの特設コーナーが開かれているのをよく見かけます。

ただ、そこで工房系の製品を気に入ってもすでに予約終了している可能性が考えられます。

実は、早い人は入学する1年前からラン活を始めていると言われています。

特に工房系の製品などは生産数が限られているため工房系の製品を狙っている方は早くラン活をしている傾向のようです。

工房系の製品は通販限定になっていることも多くできれば実物を試しておきたいですよね。

そのため4月のうちから展示会を行っているメーカーもあるので今からでも情報を調べてみてはいかがでしょうか。

早くラン活をしている方が多いようです。

メーカーもあるので今からでも情報を集めてみてはいかがでしょうか。

メーカーもあるので今からでも展示会情報を調べてみてはいかがでしょうか。

ただ、そこで工房系の製品を気に入ってもすでに予約終了している可能性が考えられます。

そのため工房系を狙っている人は特にみなさんが小学生の時に小学校へ行く際は何を使っていましたか?黒か赤のランドセルという方は多かったのではないでしょうか。

最近ではデザインや素材にこだわった工房系ブランドでは受注生産体制のため早めに注文される方も多いようです。

まだ購入されていない方向けに今年の人気傾向を紹介します。

基本的なサイズとしてはA4フラットファイル対応サイズが売れ筋となっています。

デザインは男子向けでは「スポーティで元気!」というイメージのものからオーソドックスなブラックに戻ってきました。

女子向けのキーワードは「ラグジュアリー」からオーソドックスな赤系もどちらかというとピンクや朱色に近い色味が売れているようです。

皆さんが来年入学の子供にランドセルを買おうと思ったらどこで買いますか?近くのスーパーや百貨店の特別展示会へ行く人も多いと思います。

中には、店舗まで行くのも面倒だし通販でいいかなという人もいるのでは?通販で購入するのが悪いとは言いませんができれば1度は百貨店などの売り場で現物をチェックしてください。

なぜかというと、通販では本体の重さや価格はわかっても実際に背負ったときの体感重量や丈夫さなどがわかりにくいことがあり届いた時に思ったのと違うということがあるからです。

他にも、刺繍など細かいディテールも確認できます。

通販を利用するとしたら実物を確認してからをお勧めします。

最近ではランドセル本体のデザイン性が高まり見た目で選ぶ親も多くなってきているようです。

そのためかここ最近では、特に低学年時に汚れないようにランドセルカバーを着けている方も多くなってきています。

男女ともに人気なのはランドセル本体のデザイン性を損なわない透明なビニール製のものが選ばれるようです。

また、男子の場合は黒ベースのものが人気のようです。

他の人とデザイン被りしないものが欲しい方はハンドメイドマーケットサービスで探してみても良さそうです。

年々、購入時期のピークが早まっている天使のはねやフィットちゃんといった人気メーカーのランドセルですが2019年入学のお子さんをお持ちの方はすでに購入されましたか?

引用:http://www.motomessut.com/faq/tenshinohane.html

年々選択の幅が広がる天使のはねやフィットちゃんといった人気メーカーのランドセルですが来年入学する子供を持つ親御さんはランドセルをもう決めましたか?まだ購入していない人もおそらく夏のうちに決めたいという人も多いのではないでしょうか。

ランドセル業界にも流行は存在しているのでラン活を始めるにあたってトレンドを知っておきましょう。

2018年度入学の女の子は王冠の刺繍やバラ柄の金具などプリンセス感満載のデザインが2018年度入学の子に人気だったようです。

刺繍を始めとしたデザインはこのように繊細で上品なものが最近は主流です。

刺繍などの特別なデザインがないシンプルな製品の場合では本体はブラウン系、ふちをピンク系といった組み合わせも人気です。

夏休みになると祖父母と一緒にランドセルを買いに来ている家族の光景が夏の風物詩のようになってきましたね。

先輩ママ達が選んだ際のポイントについて確認しておきましょう。

まず、先輩ママ達から一番重要視されている色やデザインは「本人が気に入ったデザインやカラー」でも良いですが幼稚園年長の時に「かわいい」と思っていたのが高学年になるとお気に入りのままかはわかりません。

同じように当時人気のキャラものにしたら6年間のうちにそこまで好きじゃなくなったというケースもあります。

そのため、6年生まで使えるデザインを選んでいる方が多いようです。

ランドセルを選ぶときのポイントについて確認しておきましょう。

そのため、6年生まで使えるデザインや色を重要視している方が多いようです。

趣味が変わるということはよくあります。

6年間のうちに興味がなくなってしまったというケースもあります。

6年間のうちに人気がなくなってしまうというケースも考えられます。

夏が来て来年小学校に入学する子供のためのランドセル探し、いわゆる「ラン活」が本格化する時期と言われています。

最初はスマホやPCで値段を調べる方も多いと思いますが思っていた以上に高いことに驚くのではないでしょうか。

クラレの調査によると2016年入学児童のクラリーノを使ったランドセルの平均価格は45000円以上の価格のものが多かったようです。

なぜ平均価格が高くなるかというとA4フラットファイル対応がメインのサイズになり使う材料が増えていることや色やデザインの種類が多くなっているので開発費がかかっているためなどがあるようです。

価格や種類で選ぶのに迷ったら販売員さんに相談しながら決めましょう。

この前、私用でランドセルについて調べていたらアディダスもランドセルを作っている時代なんですね。

元気いっぱいな男の子に良いのではないでしょうか。

販売されている製品の評判を集めてみたところ百貨店モデルでは本体の素材に最高級のクラリーノを使っているので低学年の頃など少々手荒く扱ってしまう時期にアディダスのブランドロゴが被せ部分などに配されており反射プリントになっているので冬場など暗くなる際に安心です。

採用されているので思い教科書の負担が減り徹底して使いやすさにこだわっているようです。